トップ  > 広場の様子♪  > 何でも遊びに!! ~奈多小学校わいわい広場~

何でも遊びに!! ~奈多小学校わいわい広場~

こんにちはにこにこ
スタッフの日高です。

日中はとても過ごしやすい季節がやってきましたもみじ
遊ぶには、とても良い季節ですexclamation

今回は、東区の奈多小学校わいわい広場に行ってきましたexclamation
奈多小学校わいわい広場は、
平成29年11月に開設し、火曜日・水曜日・金曜日の週3回、
開催しています。まもなく開設1周年を迎えますぴかぴか(新)

この日は、雨予報でしたが、開催時間にはまだ雨は降っておらず、
無事に開催することができました。

運動場の全体を見回してみると…
校庭の奥で、何やら下を向いて必死に何かしている児童の姿が…


子どもたちに絶大なる人気を誇る砂場遊びです光る星

道具は、スコップ、ザル、ジョウロなど、とてもシンプルなのですが、
子どもたちの豊かな創造力で、遊びがどんどん発展していきます。
穴を掘る、水を含ませて砂を固める、山を作る、型を取る…
しかも、砂遊びをしている子どもたちの表情は真剣そのものexclamation
感心するほどの集中力を発揮します。

小さい子どもは、よく砂遊びをするというイメージがありますが、
小学生ともなると「砂遊びなんて…」と感じるかもしれませんが、
一度始めると、かなりの盛り上がりを見せるのが砂遊びですexclamation
高学年の児童が必死に砂遊びをする姿を目にすることもあります。
(↓こちらの写真は、他校で、高学年の児童が砂遊びを楽しんでいる様子です。)



「砂遊び」は、
子どもたちの創造力や感性を豊かにする要素が
たくさん詰まっており、
サラサラ…ひんやり…ドロドロ…など、
様々な刺激を受けながら、自由に表現することの楽しさを
たくさん経験できる遊びと言われています。

以前訪問したある学校では、
「砂遊びでこんなに盛り上がるとは思っていなかった。」と、
保護者の方がびっくりしておられました。
砂遊びの魅力を改めて感じることができました。

一方…
校舎側のほうでは、なにやらわいわい先生と子どもたちが何かしています。



なんと、一輪車の修理ですexclamation
タイヤを外して、チューブを出して…
わいわい先生と子どもたちが一緒に一輪車の修理をしているではありませんかボケーっとした顔

通常、一輪車がパンクなどした時には、
わいわい先生が自転車店に持っていき、修理を依頼するのです。

「自分たちで修理しているのですかquestion」と尋ねたところ、
「はいexclamation子どもたちも、自分たちが使った一輪車なので、
一生懸命手伝ってくれますよexclamation」とわいわい先生がおっしゃいました光る星

子どもたちも、
「修理とか、したことないから、楽しいよexclamationexclamation」と笑顔で言っていました。

整備された遊具を準備するにとどまらず、
遊具の修理までも遊びにしてしてしまうなんてすごいexclamationexclamationexclamation
驚きとともに、わいわい先生のその思いに感心させられましたぴかぴか(新)

そうこうしているうちに。雨がポツポツ…
「えっquestionquestionじゃあ、広場は中止questionquestionquestion」と
子どもたちはとても心配そうな表情で、
わいわい先生を見つめます。

するとわいわい先生が
「あと30分だから、やっちゃおうexclamation」と、
屋根のある場所に用意されたスライムづくりコーナーへ
子どもたちを誘導します。
「スライムしたい人ーーーquestionquestionquestion」と声掛けすると、
「はーいexclamation」とたくさんの子どもたちが手をあげました。

補助員さんのサポートのを受けながら、
子どもたちは、スライムづくりを楽しんでいましたるんるん

並んで座って、混ぜ混ぜ…
子どもたちの様子を、微笑ましく眺めるわいわい先生がとても印象的でした光る星

色とりどりのスライムの完成ですexclamation
子どもたちは、自分で作ったスライムを大事そうに家に持って帰りましたホッとした顔

遊具の修理までも子どもたちに体験させて遊びにしてしまう…
奈多小学校わいわい広場を訪問し、
わいわい広場の大きな魅力を感じることができました。

遊びは、
「創造力」・「発想力」・「生命力」・「観察力」・「集中力」・「持続力」
「柔軟性」・「自信」・「コミュニケーション能力」・「思いやり」
など、たくさんのちからを育みます。

「子どもたちが活き活きと育っていくために、
まず子ども自身が遊びたくなるような場や
環境を作り出すことが必要」という考えのもと、
わいわい広場は運営されています。

子どもを対象とした仕事に興味がある方がいらっしゃいましたら、
是非、麻生教育サービス㈱までお問い合わせください。
☎092-477-3837

お待ちしていますにこにこ


 
at 2018/11/05 09:39:11