トップ  > 広場の様子♪  > ~別府小学校のわいわい広場です~

~別府小学校のわいわい広場です~

皆さん、こんにちはexclamationスタッフの石橋ですぴかぴか(新)
1月は行く、2月は逃げる、3月は去ると言いますが、年が改まって、1月は瞬く間に行ってしまいました居眠り 2月が逃げていかないようにしたいと思います。
それでは、今年に入って初めての広場のご紹介です。

今回のわいわい広場は、城南区別府にある別府小学校です。
平成22年度に開設し、月曜日、火曜日、金曜日の週3回開催しています。

地下鉄別府駅を降りて、中村学園大学を横目に、坂道を上りつつ歩いていくと、その途中の少し奥まったところに別府小学校が見えてきます。
今日は冬の寒さも少し緩んで、とても天気もよく、まさにわいわい広場日和ですexclamation
校庭におじゃますると、「わいわい広場」の張り紙がしてありました揺れるハート


学生プレイワーカーとして登録した近隣の大学生が、定期的にわいわい広場を巡回してくれます。今日は、学生プレイワーカー3人が来てくれました。3人を引率してきたプレイリーダーも含めると、プレイワーカーが4人もいます。子ども達はたくさん遊んでもらえて大喜びですカップル(2)
学生プレイワーカーがわいわい広場に来てくれた最初の頃は、子ども達への対応がぎこちなく、どう接していいかわからない様子だったのが、今では積極的に子ども達に関わってくれてとても助かっています、とわいわい先生が話してくれました。


別府小学校は校舎から階段を下りたところに運動場があります。運動場のブロック塀に沿って、子ども達のカバンがカゴに入れられて、きれいに並べられています。


見守りサポーターのお母さん方が受付をしてくださっている側には、机が置かれて、子ども達が熱心にquestion宿題をしているようです。


わいわい先生のゆきちゃんは子ども達に大人気ですexclamation
広場にやって来た子ども達は、ゆきちゃんのところに近寄っていくと、なかなか側から離れません。別府小学校の子ども達は、それぞれ自由に勝手に遊んでいる印象で、ゆきちゃんも子ども達と一緒に遊んだり、遊んでいる子どもを応援したり励ましたり、広場の時間中は運動場をまわって大忙しです走る人


楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうものです。運動場に響きわたるような声で、ゆきちゃんが子ども達に広場終了のお知らせです。


遊びっぱなしではなく、遊んだ遊具を片付けるところまでが遊びです。
砂場に残った遊具を片付けるように子どもに促し、子どもと一緒に片づけのお手伝いですぴかぴか(新)


カバンが入れられていたカゴは、子ども達がお手伝いをしてくれて、きれいに片付けられましたマル


最後は、わいわい先生のゆきちゃんと学生プレイワーカーの皆さんで反省会です。「今日も楽しい広場になりました。ありがとうございました。」というゆきちゃんの声が聞こえてきそうです。


わいわい先生のゆきちゃんのことを、子ども達が本当に大好きなんだなあというのを感じるわいわい広場でしたが、それはゆきちゃんが、それ以上に子ども達とわいわい広場のことを愛しているからなのかなあと感じた、別府小学校わいわい広場でした揺れるハート


※子どもを対象とした仕事に興味がある方がいらっしゃいましたら、是非麻生教育
  サービス㈱までお問い合わせください。お待ちしています。
  仮登録をご希望の方はこちらから「ご登録フォーム」に入力をお願いします。
   ↓
  https://www.aso-consona.jp/form?form_id=1086
at 2017/02/10 15:04:11