トップ  > 広場の様子♪  > 今年度もわいわい広場、スタートです! ~内浜小わいわい広場のご紹介~

今年度もわいわい広場、スタートです! ~内浜小わいわい広場のご紹介~

こんにちはexclamationスタッフの日高ですexclamation

朝晩は肌寒く感じることもありますが、
日中は、真夏を感じさせる日差しを感じるときもあります。
体調管理が難しい時期ですが、元気に乗り切りたいものでするんるん

さて、新年度が始まり、わいわい広場も、元気にスタートしましたぴかぴか(新)
今回は、西区の内浜小わいわい広場のご紹介ですにこにこ

子どもにとって遊びは、体力向上はもちろん、コミュニケーションの力を育む、自分に自信がつく、我慢強くなる、情緒不安定を解消するなど、成長に欠かせない栄養素ですexclamation
子ども期は、たくさん遊んで、生きる力を身に付けてほしいexclamation
そんな願いを込めて、「わいわい広場」は運営されています。

内浜小学校わいわい広場は、平成27年度より開設され、今年で5年目を迎えます光る星
毎週月曜日、水曜日、金曜日の週3回開催しています。


この日は、とてもきれいな空が広がっておりました。
絶好のわいわい広場日和ですにこにこ
この日も、たくさんの児童が遊びに来てくれました。



ホッピングを練習する子ども、
竹馬を練習する子ども、
オセロに熱中する子ども…
みんなそれぞれ自由に楽しい時間を過ごしていましたぴかぴか(新)

子どもたちの様子を眺めていると、
目の前をゴロゴロ動くものが…

キャタピラですexclamation
段ボールが楽しい遊び道具に大変身ですexclamation
よくよく見ると、奥に見えるのも…キャタピラですexclamation
キャタピラは、四つん這いになり、けっこう体力を使いますあせあせ(飛び散る汗)

大人なら、「あぁ~、きついがまん顔あせあせ(飛び散る汗)」となるところですが、子どもたちは、笑顔にこにこ笑顔にこにこ
「遊びを通して体力をつけてほしいexclamation」そう思いながら、見守っていました。

すると、どこからか…「カン!カン!カン!」と、音が・・・。
音がする方を見てみると…

補助員さん(わいわい先生をサポートするボランティアの方)が、
ハンマーで竹馬をたたき、慣れた手つきで高さの調整を行っていました。
頼りになりますドキドキハートいつも、ありがとうございますドキドキハート


この日は、プレイワーカーさんも来ていました。
プレイワーカーというのは、
子ども自身の「やってみたい」という気持ちを引き出し、
様々な遊びの支援をしてくださる遊びの達人です。

この日、プレイワーカーとして来られていたのは、
けん玉名人の柳生多磨美さんです。
「けん玉を通して、『できた!』という喜び、楽しさを伝えたい」という思いをもって、
プレイワーカーの活動をされていらっしゃいます。

私もその腕前に見とれてしまっていたのですが、
見とれてしまったのは、その腕前だけでなく…
柳生さんのマイけん玉ぴかぴか(新)
「ちょっとそれ、見せてくださいexclamation」とお願いして、
見せて頂きました。

中央部に、名前も入っています。
名前とマークは、彫刻で、
「たま」の部分は、ラベリングされていました。
このけん玉は、イスラエルのけん玉だそうですぴかぴか(新)

調べてみたところ、
実はイスラエル、とりわけテルアビブは若い世代の文化発信地となっており、
最近はけん玉人気がとても高まっている地域なのだそうです。

この素敵なけん玉を、見事に操る柳生さんの周りで、
たくさんの子どもたちが一生懸命けん玉を練習する姿が、
とても印象的でした。

これからも、たくさんの大人の力を借りて、
たくさん遊び、成長してほしいな…と改めて感じるとともに、
このような素晴らしい事業に携わることができることを嬉しく思いました。

子どもを対象とした仕事に興味がある方がいらっしゃいましたら、
是非、麻生教育サービス㈱までお問い合わせください。
☎092-477-3837

お待ちしていますにこにこ

※ブログの写真はご本人の了承を得て掲載しています。
at 2019/05/22 12:27:07